2018年11月12日

釣行記+ダンゴや刺し餌などの考察2

11月11日、田畑渡船さんに行ってきました。

今回は、間崎島の筏に初挑戦させていただきました。

今回釣果写真はありませんが、行く途中に撮った志摩地中海村の写真をどうぞ。


IMG_0514.jpg



釣果は、14時半頃ちゃいチヌが1匹釣れまして、それ以外はほぼ良型のアイゴで2桁はいったと思います。

最後のボケの落とし込みは、このところ定番のフグでした。


釣りの反省点としては、朝一に筏の両端に置き竿をセットしたのですが、コーンが瞬殺でほぼ役目を果たしませんでした。

その代わりに、中層を攻めやすいセイハコウSPを準備した方が、良かったと思います。

半自作の竿で宙切りすると、割れた後かなりぎこちない落とし込みになっていたと思うので。

ちょうど、「共和ミリオン ラバーグリップ カラー灰 30mm」を装着したので、グリップの握り具合も実釣で確認できたでしょうし。

サイズに関しては、25mmで大丈夫だったのかもしれませんが、余裕をみて30mmにしました。

握った時に小指あたりにくる、径の細い部分が少し隙間がある感じですが、テニスのグリップテープを巻くよりは、よっぽどいい感じの仕上がりになっていると思います。

F8B0AF71-ABAD-4308-941A-DC975D4316E2.jpeg



っと、釣行記はこれぐらいにして、今回の反省をもとに、ダンゴや刺し餌の考察をまとめます。

まず、ダンゴレシピは、煎りぬかに対して、前回の残りの市販ダンゴを少しだけ混ぜて、チヌスパイスとムギを少量だけ入れて、現場に持ち込みました。

朝一番で、解凍したアミエビ少々と、粗びきサナギ少しに浸してから、混ぜ込みました。

この時点で割れ具合は、まずまずでした。

おそらく10mぐらいの深さで、エサ取りのダンゴアタックがあれば、問題なく使えそうです。


もう少し固くして、沈みも早くしようとしたときには、前述のアミエビ+粗びきサナギに加えて、釣武者さんのアジャストサンド(おそらく粗目)少々とチヌパワー少々入れて調整しました。

この場合も少し時間はかかりますが、ダンゴあたりがあれば問題なく割れました。

ダンゴが突かれるまで少し間があったので、ドスンと落ちてくるから、少しびっくりしているのかも知れないので、10mぐらいの深さであれば、砂は足さなくても良いのかもしれません。

ただ、バラけを良くするためには砂を足すべきだと思いますので、その辺りの調整では必要なんでしょうね。

やはり、アミエビを入れる入れないでは、ダンゴへのアタックが違うので、この辺りは状況を見ながら、量をコントロールしていくのが正しいのだろうとは思いました。

どう調整するのかは、あまり良くわかってはいませんが、、、。



刺し餌については、前回は湾内でコーンが少し残る時間帯があったので、今回はコーンをメインで考えていたのですが、沖目の筏ではエサ取りがびっしりだったので、コーンも全く歯が立ちませんでした。

自分の中ではコーンでチヌを釣った経験はあまりないのですが、あの永易さんがくろねこたまごさんの動画の中で紹介されていた、デルモンテホールコーンがあまりにも美味しそうで、筏の上で少し食べるのも楽しみにしながら持ち込んでます。

矢口浦では、アケミ貝を使って良い思い出が全くないので、最近は封印していましたが、英虞湾ではありなのかもしれませんね。

次回試してみます。



実績のある釣り場は、釣る人が釣ればやはり良いのでしょうし、つむらさんみたいに自分との相性がいい筏に乗れれば、それなりの釣果が期待できるのでしょうし、田畑さんみたいにバリエーション豊かな所では、色々と楽しみもありますし、自分の引き出しも増やせそうな気がします。

さて次回は、どこにしようかな?

数狙いか、型狙いか、この時期はやはり、、、もう少し悩んでから決めたいと思います!










posted by initialf at 23:55 | Fishing(釣行記)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。