2018年09月15日

この時期の賀田湾は、果たして?【追記あり】

明日、約半年ぶりに、賀田湾の糸川渡船さんに行ってきます。

寒い時期もなかなか雰囲気はありますが、やはり攻略するならギリギリ夏のうちにということで、1日休みでの強行釣行となります。

賀田湾と言えば、磯ではグレ、湾内ならマダイやアオリイカのイメージが強いですが、チヌもいない訳ではないはず、、、。



今回は深場(約35m)のカセを予約したので、寄せるのが大変かなと思って、ゆっくり準備する時間もないですし、ダンゴは赤まるをチョイス。

そこに混ぜるのは、冷凍100円コーン、サビキ用アミエビの残り、オキアミを適時、場合によってはチヌパワーをちょい足しです。

ボケ・カメジャコに頼らない釣りを、、、っていうのが直近のテーマではありますが、結局ボケ30匹を購入しておいて、ぶくバケツで活かしておきました。

今回初めての導入エサは、デルモンテ・ホールコーンと生ミックです。(完全にネット動画の影響ですねw)



ここ以外の釣り場は、基本的に浅場しか行かないので、宙切りはほとんどやったことがないですが、今回は試してみます。

また、ほとんど流れのない釣り場しか経験がないので、もし流れが出るのなら、流しながら広範囲に探る釣りも試してみたいです。

あと、針はたくさん買い置きがあるのですが、深場でのノーシンカーでの落とし込みも試してみたいので、ハヤブサさんの底攻めチヌと、パッと見た中で比重が一番重かった、ザ・ROCKも購入してみました。



先週のように台風あとの大潮でもないですし、おそらく連日エサが撒かれている釣り場でもないですし、厳しい釣りになることは予想できますが、こればかりは行ってみないとですよね。

最近お世話になり始めた、田畑渡船さんの昨日の投稿では、かなりいい潮が入ってきているみたいですし、もし電話していれば空いていたかもしれませんので、早速場所選びを間違えた感は否めないですが、、、。

ちなみに、今日の〇〇子さんのインスタに写っている筏の屋根には、見覚えがあり、おそらくですがお盆にお邪魔したときに、めちゃめちゃゲリラ豪雨だったときの筏ではないかと(笑)

釣れるといいですよね〜。(動画は楽しみにしています!)



前日にブログ書いている時点で、撃沈フラグ濃厚ですが、もし釣れたら写真位はアップしますね。




〜〜〜〜〜〜 釣りの翌日 〜〜〜〜〜〜




はい、ということで、撃沈しました。

まず、希望していた35mのカセについては、同列のカセに乗っている人たちは、ほとんどが飲ませ釣りや、コマセ釣りの方達でした。

7時ごろにエサ取りも少し寄って来て、雰囲気が良くなってきたところで、1回目の根がかり。

3号糸がどうにも切れずに、35mロスト。

(今考えれば、ここで少しでも釣り座をずらすべきでした。)

残っている糸の長さは、30mぐらいだったため、予備のリールにチェンジ。

ここで隣のカセに乗っていた人が、移動を希望して、カセごと浅場の筏の横に引っ張ってもらってました。

もし次同じように糸をロストするようなことがあったら、自分も浅場に移動しようと決めていたら、考えうることは現実に起きるもので、10時ごろ2回目の根がかり。

2.5号の糸を切ることができずに、またもや35mロスト。

遠投から引きずって来ても根がかりする様子もなかったので、船頭さんのおっしゃる通り、下が砂地なのは分かります。

でも、僕も嘘をついている訳ではなく、絶対直下には何かあったはず。

隣の隣の人は、食べごろサイズの真鯛やシオ(カンパチの幼魚)などを釣り上げ、満足して撤収のようなので、そのついでにカセを移動してもらう事にしました。


15mほどの浅場のビン玉にカセをつけてもらって、第1投目につれたのがこちら。



IMG_0494.jpg




ダイワの中通し竿とリールのセット、約3m。

完全にまた根がかりかと思いましたが、手でゆっくりと手繰り寄せたら、なんとか上がってきました。


そこからは、ダンゴにはほとんどあたりがないものの、底ではオオモンハタが入れ食い。

少し浮かすと、チャリコやグレなど、魚種としては、磯釣りだったなら、まずまず嬉しい感じ。

前述の竿とリールのセットはさておき、一番の良型はこちら。



IMG_0492.jpg



この模様といい、体の割に大きな口といい、ひょっとしてこの子はクエですかね?

金色に光って見えて、同じゴールドでも、釣れた竿とはえらい違い(笑)

クエだとしたら、サイズはともかく、かなりの激レアですよね。

少なくとも、他の釣り場では、まず釣れることのないお魚だと思うので、そういうお土産的な魚を期待する人にとっては、魅力的な釣り場だと思います。

ひょっとしたら、シーサイドビューに持ち込めば、お小遣い程度に買い取ってもらえたのかも知れませんけど、そのままそっと海にお帰りいただきました。




ちなみに釣れた竿にはオチがあり、同日に釣りに来ていた常連さんのものだったようです。

昨日今日落としたわけではないので、感謝されるものではなかったですが、ビン玉付近の障害物は除去できました。

おそらく35mの養殖網の近くも、何かしらの釣り人の落とし物があるんでしょうけど、そちらは正体不明のままです。

筏やカセの直下には、チヌ竿では回収できないような、何かしらの落とし物があるかもしれませんので、もし何か掛けてしまったときのために、ゴムか革のグローブを持っておいた方が良いですよね。



糸のロストだけで済んでいるなら結構ですが、3回変なものを掛けたので、自作ロッドへの負担が心配です。

材料費はそれほど高くないですが、作成するときの腰の負担が大きく、今年はあまり釣りに行けていないのは、竿を自作していたのも大きいです。

次に大型(もしくは大きい何か)を掛けたときに、バキッっていかなければ良いのですが、、、。









posted by initialf at 13:51 | Fishing(釣行記)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。