2018年05月06日

5月5日、志摩方面に行ってきました

5月5日(土)中潮 晴れ

今回訪れたのは、田畑渡船さんで、初めての志摩方面での筏釣りとなりました。

GWということで、15名以上釣り客の方がいらっしゃったと思います。

カセも筏の数も十分なので、人数が多いのか普段からこれぐらい賑わっているのか分かりませんが、渡していただいたカセは順番的に最後の方だったので、頑張らないと厳しいかな〜というのが第一印象でした。

まずは、オキアミでの落とし込み第一投で、ヘダイが釣れました。

今日は活性がいいのかと思ったのも束の間、後が続かず。

しばらくして、ぽつぽつダンゴを打ち返していると、アジがかかり、しばらくしてもう一匹アジがかかったところで、午前の部が終了。

ごはんを食べようにも、前日の釣行者なのか、たばこの吸い殻、サナギ、コーン、オキアミがちょこちょこカセに残されていて、それにハエが寄ってきていたりして、食欲がわかないので、打ち返しながらも少しずつキレイにしていきました。

ようやく自分の周りだけでもキレイになったところで、お昼休憩。

その後、お約束のお昼寝タイム。

ボケを置き竿にして、寝転んでいると、ゴソゴソと音がして、合わせるとまずまずの引きでしたが、残念なことにフグでした。

その後もダンゴあたりが少しはあるものの、あまり続かないので、弱い反応に無理やり合わせてみましたが、一瞬手ごたえが伝わったものの乗りきらずに、その後さらに沈黙が続くことに、、、。

船頭さんが様子を見に来てくれていて、他もあまり良くないみたいで、時合は4時半頃とおっしゃっていたので、ボケを温存しながら、時合に向けて残りのオキアミをダンゴに混ぜながら、少しずつ打ち返すことに。

4時半までには全てのダンゴを打ち終え、そこからはボケの落とし込み一本勝負に。

そこからも特に反応はなく、朝一のヘダイが今日一番になるかもしれないことを覚悟しつつ、ツイッターに泣き言をつぶやこうかどうか頭をよぎっていたら、待望のアタリが!!!

釣れたのは、40cmオーバーの天然真鯛でした。


IMG_0444.jpg


実は真鯛と言えるサイズを筏で釣ったのは、多分これが初めてです。

サイズは大きくはないですが、英虞湾の湾内では少々珍しいようですね。

半分自作の竿で、糸を出されるくらいのサイズが釣れたのは初めてなので、それも嬉しくてとりあえずツイートした後、もう一度同じところにボケを落としつつ、片付け始めるかと思った矢先に、もう一発アタリが!!!!!

釣れたのは、先ほどの真鯛よりワンサイズ大きいチヌでした!!!


IMG_0446.jpg


水深が7〜8mと浅めなので、チヌも結構横に逃げますね。

引きも少し力強かったように感じました。

沖に向かって逃げたので、一瞬青物かなにかと思いましたが、水面に浮きさえすれば、背びれを見せながら後はずり〜っと寄ってきました(笑)

これまでGWと言えば、そこそこサイズのキビレぐらいしか釣ったことがなかったので、今年のGWは結果的には嬉しい釣果となりました。

思えば、夕まずめだけで釣果をあげたのも、おそらく初めてです。

いつもボケなどを途中でほとんど使い切ってしまうのもいけないのですが、これまでは何となく諦めムードになりがちな所を、前回目の前で夕まずめだけで良型のチヌをあげたのを見せつけられたので、今回はその教訓を活かしました。

爆釣と言えるほどでもなかったですが、何かと初物づくしな感じで嬉しい釣行となりました。

機会があれば、また訪れたいですね〜。

もちろん、最後は来た時よりもキレイにして、引き上げましたよ〜。

(と言っても、ゴミなど残してないだけで、カセ自体が綺麗になった訳ではありませんが、、、)


(追伸)
ダンゴレシピを書くのを忘れていました。

今回は余っていた何か分からないダンゴ(チヌパワー?)2〜3kgぐらいに、カサ増し用のパン粉1kgと無料でもらってきたヌカ1kgぐらいに、小麦粉少々を入れました。

ダンゴに混ぜるのは、ほぼオキアミのみで、サナギやコーンはさし餌用にとっておいた分を、気まぐれに混ぜる程度でした。
パン粉を混ぜたのは深い意味がある訳ではなくて、近くのスーパーで多分グレ用か何かで売っているものを、ヌカの代わりに使ってみたかっただけです。

結果的に良かったのかどうかは分かりませんが、浅目の水深であれば余裕で底まで届きましたし、割れ具合もそこまで酷くはありませんでした。
水分が多いと少々粘りがきつくなるのか、豆腐ハンバーグみたいな仕上がりでしたが、、、(笑)

ダンゴが良ければ、途中の合わせ損ねた魚が釣れていたかもしれませんし、最後に釣れた真鯛とチヌは、しっかりとオキアミが底まで届いていたからこそ、ボケの落とし込みで釣れたのだと思います。

パン粉を混ぜたとしても、水面まで浮いてくることはなかったので、ヌカが不足気味でパン粉がお安く手に入るのであれば、混ぜても悪くないのかなと思いました。

濁りという面ではヌカの方が優れていると思いますので、あえて使う理由はないとは思いますが、、、。








posted by initialf at 17:43 | Fishing(釣行記)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。