2018年02月19日

2月18日、糸川渡船さんに行ってきました

珍しくつむらさんがお休みだったので、新規開拓ということで、賀田湾の糸川渡船さんにおじゃましました。

つむらさんがお休みなのに我慢できなかったのは、自作のプロトタイプ竿をどうしても試したかったからです(笑)

釣果写真はこんな感じです。

IMG_0394.jpg

IMG_0395.jpg

IMG_0396.jpg

IMG_0397.jpg

IMG_0398.jpg


朝一から釣れた順にアップしています。

昼前にダンゴ打ち始めるまでの釣果です。

ダンゴを打ち始めてからは、エサは取られることがあるものの、ダンゴに慣れていないのか、合わせられるようなアタリは皆無でした。



ゴチャゴチャして分かりにくいですが、バットのみ自作のロッド写真です。

IMG_0399.jpg



他にこれと言って書くこともないですが、糸川渡船さんは、浅場の筏と深場のカセが選べるようになっていて、今回は浅場の筏(水深15mぐらい)で釣らせてもらいました。

深場のカセは養殖小割に横付けしてもらえると思いますので、客がまだまばらなこの時期は、深場のカセの方が可能性があるような気がしました。

浅場の筏は、目の前のビン玉にチヌが付いているという前提ですが、残念ながらダンゴや、船頭さんにもらったイガイの撒き餌には、反応してもらえませんでした。

ロケーションとしては申し分ないのですが、もう少しお客が入ってエサが撒かれていないと、釣果は厳しいだろうということがなんとなく分かりました。

船頭さんは大ベテランの方ですが、とても気さくですし、機会があれば深場のカセにもチャレンジしてみたい気もします。


自作のプロトタイプのロッドに関していえば、根魚系であれば何の問題もなく釣れることが分かりました。

長さも大丈夫ですし、このまま接着して完成させてもよさそうですが、穂先を変えてみたりしてもう少し試してから、仕上げようと思います。


今回は以上です。








posted by initialf at 12:15 | Fishing(釣行記)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。