2018年01月19日

竿作り始めました(部品発注編【第3弾】)


前回の記事に続き、部品発注のまとめです。

作業に必要なものが結構あるので、結局はまとめて、以下の部品を発注しました。

1.☆特価☆ロッドメイキングスターターセット 数量:1

2.ポリエステルメタリックスレッド(C)※太タイプ 945 ロイヤルブルー 数量:1

3.PKTSG 3~8 ※ステンレスKガイド 3  数量:1 → 予備

4.PKTSG 3~8 ※ステンレスKガイド 3.5 数量:1 → 予備

5.PKTSG 3~8 ※ステンレスKガイド 4  数量:1

6.PKTSG 3~8 ※ステンレスKガイド 4.5  数量:1

7.PLCSG 5~8 ※ステンレスSICガイド 5  数量:1

8.PLCSG 5~8 ※ステンレスSICガイド 5.5  数量:1

9.PLCSG 5~8 ※ステンレスSICガイド 6  数量:1

10.NOG ※NガイドOリング 8  数量:1 → 追加(近くの釣具屋で購入しました)

11.ポリエステルスレッド 黒 数量:1 → 追加(近くの釣具屋で購入しました)


ロッドメイキングスターターセットには、フィニッシングモーターやコーティング剤、マスキングテープなどが入っています。

スレッドは太めの青をチョイスしました。

ガイドは、穂先に近い方は片足のKTガイド、リールに近い方は両足のLCガイドをチョイスしました。

アルティメイトスペックの穂先側の、継ぎ目に一番近い部分のガイドが1つ外れているので、KTガイドを1つそれの補修に充てます。

残りの大きめのガイドは、5〜6個を今回作成する元竿に付ける予定です。


さてさて、これで気持ちよく作成に入れれば良いのですが、早速やらかしてしまいました。


前回、慎重に作業をするべきだと言ったにもかかわらず、






グラス素材を切り過ぎて、継ぎ目がスッカスカ、、、(泣)







こうなった以上、穂先の継ぎ目部分にコーティング剤を厚めに固めて、それらを削りながら調整していくしかないですね。

本来ならば、穂先側は加工せずに使用したかったのですが、やむを得ないですね、、、。

およその部品とツール類がそろったはずなので、次回から作成編に入りたいと思います。

仮組みしてみた感じでは、全長195cmぐらいにはなりそうですね。

筏竿にしては長いと思いますが、それで試してみて、長さの調整をしていきたいですね。

グリップの周辺は出来る限り固定していきますが、ワインデイングチェックなどは仮止めの状態で釣行していこうと思います。

仮止めまでだったら、意外とすぐにできますかね。

何より、穂先と上手く繋がるかが、問題ですが、、、。









posted by initialf at 23:01 | Fishing(道具)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。