2017年08月16日

小さめ5枚

8月14日(月) 曇り時々晴れ 小潮 満潮9:55 干潮16:45

連休2日目にいつものホーム筏に、前の会社の先輩と行ってきました。

先輩と行くのは2〜3年ぶりですかね。筏釣りに関しても先輩なので、色々と教わるつもりで一日中楽しめました。

最後に載せてある釣果写真は2人分ですが、一番大きいのは先輩が釣ったキビレです。

僕の分はチヌが4枚とキビレが1枚ですね。

小さいハタはたくさん釣れましたが、スカリキープしたのはほんの一部です。

その他も一通り釣った気がしますが、ひどいのはゴンズイですね。

アタったのに竿を押さえ込まないのは、まずゴンズイがかかっていると考えて間違いなかったです。

一日中アタリがあったので楽しめたのは良かったですが、チヌのサイズアップが出来なかったのはコーンやサナギをあまり使わなかったのが原因ですかね。

いつもよりは団子に混ぜて使いましたが、カメジャコを多めに持って行ったせいで、さし餌として使う回数が減ってしまいました。

今回は珍しくシラサエビも持って行きましたが、無くても良かった気がしますね。

先輩が持ち帰った魚を捌いてくれた結果、小さい魚の胃にはコーンと麦がたくさん入っていたみたいですが、大きい個体にはほとんど入ってなかったそうです。

次回夏場に行くとしたら、激荒2枚以上、コーンも2袋以上持って行こうと思います。

チヌボーズは減りましたが、生き餌に頼りすぎているのが、良型を仕留め切れていない要因にもなっている気がしますね。


その他、あまり修正点はありませんが、竿をローテーションして行こうかなと思います。

ゼロサムゴリマキを買ってからお気に入りで使っていますが、使い勝手はかなり良いものの、合わせが今一つ決まってない気もします。

次回はアルティメイトスペックに戻してみて、もう一度違いを実感して、上手く使い分けをしていきたいですね。


本当に一日中楽しめましたので、これ以上は特に何もないのですが、出来れば先輩にも年なしとか釣ってもらいたいですね〜。

昼頃に大きいチヌっぽいあたりがあったので、ひょっとしてと思いましたが、残念ながらバラされてました。

あれが釣れていれば、少なくとも40オーバーはあったと思いますので、次に期待ですね。

自分が釣っても良いですけれど、上がってくるところを見るのも楽しみなんですよね〜。

竿を大きく曲げながら、見えてきた魚体がチヌだった時の、あのなんとも言えない感動と緊張がたまらないです。

自分で釣っていると、楽しむ余裕は全くないですもんね〜。

楽しむ余裕が出来るまで、たくさん釣らないとですね。


次はどうしようかな〜。

このまま暇だったら、今週の土曜日にリベンジするかも?!



image.jpeg









posted by initialf at 01:44 | Fishing(釣行記)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。