2017年07月11日

変なジンクス?

なぜか、自分が釣りに行った次の日の釣果が、めちゃくちゃ良いことに気が付きました。

過去2回もそうですが、以前にさかのぼってもそれなりの傾向が見て取れます。

変な思い入れもあるとは思いますが、心当たりもなくはない訳で、今後の対策を簡単にまとめておきたいと思います。

まず、
1.ダンゴを投入するときは、酌を使って静かに投入する。

3番筏に乗った時に、目の前のカセに誰かが乗っている時は、うるさくならないよう酌を使ってダンゴを落とすようにしていますが、その時は割と釣果が良いようです。

次に、
2.モーニングで一通り探った後は、かなりまとめて濃いめのダンゴを投入する。

あくまでも仮説ですが、次の日に釣果が良いようなら、なるべく早い段階で、サナギ、コーン、オキアミ、などを早めに直下に撒いておくことが、夕間詰めのチャンスを作るきっかけになると予想されます。

おそらくこれだけ対策するだけでも、かなり釣果は違ってくる気がしています。

その後は、カメジャコでの落とし込みや、コーン、サナギの落とし込みでも釣果が期待できます。

後は、ダンゴから出さなければ食わない時も考えられるので、その分だけのダンゴは残しておくようにすれば、それで十分な気がしてきました。

その時にできるだけ、ボラの気配なども感じ取れるようにしておけば、チヌが寄ってきた気配なども分かるようになるはずですし。

ダンゴの量も少し減らす代わりに、サナギ粉を混ぜても、朝一で撒くダンゴは割れやすくても問題ないので、嗅覚を刺激するのに役立つと思いますし。

なんだか考えるだけで、夕方に大爆釣させられる気がしてきました。

次の釣行は、お盆休みの予定なので、待ち遠しいですね〜。









posted by initialf at 23:23 | Fishing(つぶやき)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。