2017年03月31日

春はまだか…

3月30日、いつものホーム筏に行って来ました。

結果は、ヘダイ1枚とカレイ1枚とで、撃沈でした。

カレイに関しては、実はヒラメかも知れませんが、小さかったのであまり気にしていませんでした。

ただ、前回よりも、団子も突かれるし、エサ取りも少しはいるし、一日中楽しめました。

チヌが釣れなかったのは残念ですが、これから少しづつ上向いて来るでしょうし、機会があればGW前にでも、もう一度行きたいですね。

ゼロサムゴリマキも、かなり使い易かったですし、その他の道具類も特に改善点は見当たらなかったですね。

強いて言うなら、刺しエサが少し多かったですかね。

ボケとカメジャコは、合わせて40匹あれば十分だと思います。

どちらかと言うと、この時期はボケよりも、カメジャコの方が反応が良いのかもしれません。

大きさなのか、動きなのか、匂いなのか、違いが良くわかりませんが、ヘダイもカメジャコに反応しましたし、胴体を吸われてるのはボケの方ですが、アタリが出たのはカメジャコの方が良かった気がします。

ちなみに、カレイorヒラメに関しては、夕方にボケのダブルに居食いしていました。

カレイにしろヒラメにしろ、釣れたのは初めてですが、本当にたまたまって感じでした。

小さい割には、妙に口が大きく開いていたような気がするので、可能性としてはヒラメだったのかも知れませんね。

それにしてもヒラメってボケを食べたりするのかな、、、?

写真位取っておけよと、毎回思いますが、スミマセン。

ボケとカメの配分に関しては、ボケ20匹、カメジャコ20匹ぐらいがベストかも知れませんね。

また、オキアミの小さいブロックは、この時期は使わなくても良さげですね。

反応を見る限り、団子に混ぜると底に溜まってしまう気がするので、刺しエサだけに使った方が、釣果が上がるような気がしました。

水温に関しては、現地で測った訳ではありませんが、早田定置網漁場の水温データで確認する限り、30日は概ね15度と、前日までの16度から低下して、さらに翌日の4月1日は、16度に戻っているので、場所的なずれはあるにしろ、天気は良かったものの水温的には厳しい日に当たっていたと思います。

そろそろ水温が、16度以上で安定してほしい所ですね。

釣果も見つつですが、何とか遅くてもGWまでには、今年の一匹が欲しいです。

ダンゴも今回は、約9kg持っていって、夕方の4時ごろにダンゴを切りました。

この時期は、まだダンゴに慣れていないのか、ボラ以外にダンゴに反応はなかったので、夕方の3時にはダンゴを切って、落とし込みのみで勝負した方が、良いかもしれません。

それとモーニングも、もう少し粘っても良いかもしれませんので、ダンゴも8kgぐらいあれば、十分なのかもしれません。

一般的には、箱ダンゴ+袋で、倍ぐらい使っているのでしょうが、ダンゴの量だけは、今のところ増やす気にはなれませんね。

手返しを多くするというよりは、別打ちだけで半分ぐらい消費するのでしょうか、、、。

たまにドカッと撒くと、反応は変わったりしますが、今回お昼過ぎにそれをやったら、それまでにわずかにいたボラが、全くいなくなりましたもんね。

水深や、普段からの撒き餌の量など、釣り場によりけりなんでしょうかね。

今回のヘダイが釣れた時間帯は、確か午前7時ぐらいだったと思いますので、やはり満潮付近でしたね。

ヘダイの活性が上がるタイミングに関しては、どーでもいいのですが、釣っている時間に満潮が来る日を選んだ方が、特に一匹釣れるかどうかの時期には、大事かもしれませんね。


今回はこんなところです。








posted by initialf at 14:15 | Fishing(釣行記)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。