2017年03月13日

2017年初釣り【まとめ】

3月12日(日)大潮、晴れ。


日中風もほとんどなく、釣り人にとってはとても釣りやすい1日でした。


海の中はというと、春本番とはいかずに厳しい釣果でしたが、一日中楽しめました。


まずは、同行者が朝一のモーニングで、32cmのキビレを仕留めました。


6時12分ごろが満潮なので、釣れたのが6時30分ごろだとすると、満潮少し過ぎ位ですね。


今回は何とか竿を落とさなかったようです。


でも、またもや尻手ロープを付けずに釣りを開始していたようで、ほんとに懲りない人です。


こっちは、前日までに竿に糸を通してまで準備しているのに、必ず僕より早くタックルをセットします。


モーニングなんかで釣ってしまったら、そこが一日のピークになってしまいそうで、個人的には好きではないのですが、結果的にチヌ系としては、やはり貴重な一尾となってしまいました。


とは言え今回は、レンタルしたクッション効果か、筏上でドタバタせずに釣りをしてくれたので、快適ではありました。


さりとて、そのキビレを活かすためのスカリが、筏仕様ではなかったため、後々夕方のヘダイラッシュの際には、手返しがガタ落ちするので、5匹以上リリースしましたかね。


ホームページ上は、ヘダイ28cmまで7枚となっていますが、実際は二人分の釣果としては、30cmオーバーを含めて12枚ぐらいはいっていたと思います。


その辺りは今後の課題として、プレゼントしたブラックジャック イカダ メタルチューンも、ヘダイラッシュの際には活躍してもらっていたようなので、今回は良しとしましょう。



と、ここからは自分の反省用まとめです。


まずは、同行者がいたおかげか、エース筏の3番筏をゲットできました。


結果的には、1番筏で長竿で釣りをしていた方に釣果は負けてしまいましたが、ヘダイラッシュもなかなか楽しめただけに、良かったと思います。


竿に関しては、今回初導入の「ZEROSUM GORIMAKI PE-V[ゼロサムごりまきPE-V]1.65m」が、PEを巻いたチヌマチック1001SPと組み合わせて使ったにも関わらず、かなりの使いやすい手ごたえを得ました。


30cm以下のヘダイ相手ですが、アタリも取りやすく、やり取りもしやすく、疲れにくいので、次回はぜひセイハコウ60SPと組み合わせて、エース竿として使ってみたいです。


それがしっくりくるようでしたら、これまでエースとして年なしもゲットしてきた、アルティメイトスペック MH-1.55BHには、セイハコウ60との組み合わせで中小型用(実質予備竿)としたいと思います。


また、PEの使用感については、継ぎ目がガイドを通らない状態だったため、少し使いづらかったのと、特に釣果アップするほど、劇的な効果があったわけではないので、微妙な感じですね。


ただ、フロロでは圧倒的に使いづらかったチヌマチックが、PEだとほぼトラブルにならなかったので、その点ではよかったと思います。


今回の刺し餌に関しては、ボケ40匹とオキアミ少々で、ちょうど良かったと思います。


ダンゴに関しては、即戦爆寄せダンゴ+TRIALの撒き餌3点セット(合計約8.5kg)で、量に関してはちょうど良かったと思います。


ただ、硬さに関しては若干割れやすかったので、夏場など盛期には少し工夫が必要だと感じました。


今回から、餌の種類も金額も控えるようにしてみましたが、概ねいい感じで、釣果にマイナスの影響があったとは感じていません。


道具類に関しては、次回からの課題は、ZEROSUM GORIMAKIを下向きリールで使ってみたい以外にはないですかね。


手洗い用のバッカンの置く位置を調整するか、背の高いものに変えるか、少し改良できるのなら考えてみたいですが、、、。


釣り方に関しては、今回は15時にダンゴを切ってしまって、その後は全て落とし込みで釣りました。


その効果があったのか、17時前ぐらいからヘダイラッシュとなりました。


夕方の地合いとしては、18時9分ごろが満潮なので、満潮の一時間半くらい前ですね。


ダンゴがないとチヌは釣れないと思いますが、場合によってはどんどん落ちてくるダンゴを警戒して、それが収まったころに魚の捕食スイッチが入ることもあるのかもしれませんね。


とりあえず今回は、2017年の初チヌとはいきませんでしたが、まずまず楽しめたので良かったです。


今回は以上です。









posted by initialf at 23:55 | Fishing(釣行記)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。