2017年02月21日

PE対応筏竿

春の訪れが待ち遠しいですね。

乗っ込みも始まりかけているのか、数は少ないものの、釣れているチヌは綺麗な魚体に、お腹もポッコリしているように見えますね。


ところで、宇崎日新から発売されている、PE対応筏竿 ZEROSUM GORIMAKI PE-V[ゼロサムごりまきPE-V]1.65mを購入しました。

比重のあるPEは購入済ですので、まずはチヌマチック1001SPに巻いて使ってみたいと思います。

いい感じだったら、PEを下向きリールにセットするかもですが、糸癖が少ないはずですので、しばらくは上向きリールで使ってみたいと思います。

竿に関しては、PE対応はおまけ的な要素なので、リーダーを切られたり、何かしら不具合が出た場合は、通常のフロロを巻いた下向きタイプをセットし直して使いたいと思います。

通常筏竿は、穂先のガイドの間隔が短く、ガイドも小さいので、筏上での糸通しが億劫ですが、ごりまきPE-Vは、ガイドもガイド間隔も大きめなので、筏上での再セットアップも問題ないだろうと思ってます。

ガイド間隔が広いと、綺麗な弧を描かずに、いわゆる「への字」の曲がり方になるようですが、それがデメリットにならなければ良いんですけどね。

穂先の材質も、通常のグラスではなくて、カーボンのようなので、そこの使用感も気になるところです。

ダンゴで使うのか、広角で使うのか、まだ決めていませんが、戦力になって欲しいなぁ。

変なこだわりが強いのか、これまで購入した筏竿は、がまかつのアルティメイトスペック以外は、全てボツになっているので、満を持しての宇崎日新ロッド、果たしてその実力は、、、。


実釣はいつになるかわかりませんが、とりあえず届いたら、部屋釣りしてみようと思います。


雰囲気を出すために、バケットマウスに座りながら、、、穂先を見つめて、、、、、鬼合わせ!(嘘)

(PEはあまり大きく合わせちゃダメなんですよね・・・汗)


行く前から穂先折らないように気をつけなきゃ、、、(笑)







posted by initialf at 23:56 | Fishing(道具)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。