2016年10月31日

何かが起きる10月30日

枚数の記録更新をもくろんで臨みましたが、予想外のサイズ記録更新となってしまいました。

釣りあげたチヌは、52.5cm。文句なしの年なしです。

当日のえさきちさんのHPによると、「今日のビッグワン!」のサイズが52cmだったので、幻の記録でしたね。(そもそも加盟していない?ので、載ることはないのですが、、、)


まぁそれはさておき、当日の様子を忘れない程度にメモしていきます。


10月30日(日) 晴れ やや風あり 大潮 満潮 5:32 17:15 干潮 11:22 23:41

ボートのお客さんはアオリイカの盛期でもあり満員だったようですが、日曜日にも関わらず、筏客は自分ひとり。

久しぶりに3番筏に乗ることができました!

朝一番でダンゴを5個ほど投入してから、タックルをセットして、まずは落とし込みからスタート。

1投目からあたりがあり、2投目ぐらいで釣れてきたのはヘダイ。その後も、ヘダイとちゃりこがコンスタントに釣れるので、次はチヌかなと思っているとコッパグレが来る展開。

目標は朝9時までに、チヌ1匹だったのですが、日が昇ってくると活性が落ちて、エサ取りと思われるかすかなあたりはあるものの、チヌには出会えず。

そもそも潮が全く動かず、単調な展開が続く中、お昼を回って、少しだけ潮が動き出したころに、ボラ様登場。

ダンゴアタックは嬉しいのですが、ボケの落とし込みで、見事な口掛かりして上がってくるのはいかがなものか、、、。

何匹か紛らわしいボラあたりを掛けてしまい、少しうんざり気味になっていたところ、ダンゴアタックの後に中のオキアミがとられない状態になりました。


何これ???


ひょっとして、これがいわゆるラスボス登場の合図なのか、って思い、ボラ以外の大きい魚が背後に迫っていて、小魚たちが退いた様子をイメージしながら、オキアミをボケに変えて、ダンゴに包んで落としてみると、、、。

先ほどまでと変わらない微妙なあたりに合わせてみると、これまた重量感はあるものの、ボラとほぼ変わらない引き味ではありませんか。

途中で多少首を振る感じや、突っ込むような動作はするものの、半信半疑の状態が続き、確信できたのは姿を見てやっとでした。

銀色の綺麗な魚体がスーッと浮いてきて、タモ入れ直前で少々もたつくも、しっかりキャッチ。

針外す時も、スカリに入ってからも、実におとなしく愛しいチヌちゃんでした。

記念撮影ぐらいすればよかったですかね。

基本的にリリースなので、はやくスカリに入れてあげたいのと、メジャーを準備するのにもたついて、サイズもよくわからないまま、とりあえずスカリに入れた後は、写真とかまぁいいかってなっちゃいました。


釣れた時の潮の動きに関しては、右に少し動いてから、左に向きを変えたすぐぐらいでしたかね。

どっちからどっちに向きを変えたか分からないくらい、微妙な変化でしたが、当日の唯一の時合でしたね。

その後は、午前中と同じく潮が全く動かないまま、パラパラとボラがダンゴを突きに来たり、グレ、ヘダイ、ちゃりこなどがポツポツ釣れただけで納竿となりました。


img_0.jpg


中途半端な釣果でしたら、明日もう一度リベンジという手もなくはなかったのですが、もちろん自己最長寸更新でしたし、とにかく一日中攻め続けた結果ですので、とりあえず今回のお休み釣行はこれにて満足したいと思います。


【タックル】
[竿]がまちぬ アルティメイトスペック MH-1.55BH
[リール]セイハコウ 60SP
[道糸]フロロ2.25号
[針]KINRYU 勝負チヌ 3号






posted by initialf at 09:46 | Fishing(釣行記)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。