2016年09月26日

チビレ1枚

昨日の筏釣行は、タイトル通り小さいキビレ1枚で、見事撃沈しました。

朝の7時ごろに、ボケの広角で何とか拾いました。

午前中はまだ活性があったので、その時間帯にもう少し何とかするべきでしたね。

昼前ぐらいから潮の向きが変わり、昼過ぎには潮の色がどんより深い緑色に変わり、活性が全くなくなりました。

夕方4時過ぎにようやくボラが周ってきましたが、時すでに遅しでしたね。

昼過ぎ以降は、一度も湾奥に向かう潮(個人的に好きな潮)にならずに、釣れたのは、キス、グレ、ちゃりこ、アジ、ボラ、ヘダイなどでした。


それでもカセに上がった人はそれなりに釣っていたので、潮が悪い時にはあそこが一番いいかもですね。

早めに予約を入れたのに、カセか3番筏に乗れなかったのは残念です。

前回の8月は、今回乗った1番筏が良かっただけに、単なる結果論ですけどね。

もちろん腕の問題もあるわけで、今後も基本は、大将のお任せスタイルで行こうと思います。

とりあえず、次回行けそうなのは、10月16日ぐらいなので、早速帰りに予約してきました。

次こそは、良い釣果でありますように!!!



ところで、今回の反省点は、それほどありませんが、気になる点をまとめておきます。

1.黒鯛工房のなんとかロクマルZは、ロクマルボラを取り込みの際に、3番目の穂先(もはや穂中w)がポキりんこしました。(以後、リサイクルショップ行きか、プレゼント用としたいと思います)

2.セイハコウ リミテッド RC83の初使用は、さすがのスムーズさ!!!新品だからなのか、他の使い込んだセイハコウ60SPなどと比べて、糸落ちの滑らかさが違います。やっぱりメンテナンスは大事なんですかね。それともリミテッドだからなんですかね。使っていて気持ちよかったです。(もちろんレギュラー決定!次回もよろしくです)

3.コーンダンゴチヌの使用感は、あまりよく分かりませんでした。チヌだけ寄ってきて欲しいなんて、都合よく行かないことは分かっていましたが、初グレと、キスやキビレが釣れたのはボク的には珍しい方です。ボラの猛攻にも耐え、何回かは底までもっていたので、悪くはないと思いますが、ブレンドの仕方は調整が必要かもしれません。

4.カニは結果的に大目に買っていきましたが、全くの不発でした。チヌが寄っていなかっただけなのか、時期が合わないのか、夏場の方がヒットしやすいと感じました。

5.逆にアケミ貝は、今回使いませんでした。ヘダイしか釣れたことがないので、今回から使いませんでしたが、ヘダイが減った分、グレやキスが近くまで寄ってきていたのかも知れませんし、その結果がチヌの気配が薄く感じた要因かも知れません。

6.針外しと、エビクーラーの真ん中の針金?みたいなものは、おなくなりなりました。針外しは浮くタイプのものがあれば、それにしようと思います。エビクーラーの真ん中の針金?みたいなものは、上手くハマらないといつも思っていましたが、洗ってから水気を取るために軽く一振りした際に、どこかに飛んでいきました。なくても困らないと思いますので、そのままで。


いつも悩むのは、オキアミやアミエビをダンゴに混ぜるのかどうかです。アンコとしてもあまりオキアミを入れない方なので、せめてアンコとしては、大目に準備するようにしたいと思います。高活性の時期とはいえ、潮が悪いと、超低活性になることもあるんですね。勉強になりました。

また、今回の潮は、長潮で、干潮7:18、満潮14:37、干潮20:58だったので、ちょうど干潮の潮どまり近辺が、自分としては活性が良いと感じたという事になります。潮が湾奥に向かう条件が今一つ分かっていませんが、潮の良しあしや、ボラの活性具合などによって、ダンゴを濃くしたり薄くしたりといった工夫は、名手ならば当然やっていることなのかもしれませんね。



とにかく一日中楽しんで、無事に帰って来れたことが何よりだと思います。

それでは今回はこの辺で。







posted by initialf at 16:48 | Fishing(釣行記)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。