2016年08月13日

やらかしました…

釣行前までは何かとベストだったのですが、完全にやらかしました…。

「真・チヌボーズ」

チヌはもちろん、キビレすら釣れず、ヘダイが少々。

しかも、当日筏客は2組のみで、あちらさんはお二人の釣果で、40オーバー混じりのチヌ15枚、キビレ5枚!!!

二人分とは言え、自分の目標としていた釣果を、軽々と超える高釣果。

当日の活性は確実に高かっただけに、チヌだけに警戒されたか、もしくは補食させる技術が足らなかったか。


以下に、思いつく反省点をまとめておきます。


【反省】
1.さなぎやコーンで、もっと粘るべきだった。
→気合の入れすぎか、ボケ60匹、カニ10匹、アケミ貝少々とローテーションさせていたため、さなぎ・コーンを挿し餌に使う回数も多くなく、使ったとしても反応がイマイチですぐに回収してしまっていた。

前回の釣行ではボケなどの餌に、ヘダイとチヌが交互に釣れていたのでそのイメージを引きずってしまっていた。

さなぎ・コーンに関しては、落とし込みでも使用するべきだったかも知れません。生き餌を落とし込み、オキアミやさなぎ・コーンを団子と決めつけていたため、余計に餌取りをかわしきれなかった気がします。

餌取りを交わすという意味では、もう少し大きい針を使えばチヌに出会えていたかも知れませんね。
それと餌取りを集めるための団子と、本命団子とを分けて打つのも有効だったかも知れません。

後から得た情報ですが、アケミ貝にはチヌはあまり慣れてないらしいので、今後はとりあえず使わないようにします。アケミ貝の代わりと言えば、シラサエビか丸エビなどのちょっと硬い系のエビを準備しておくのも良いかもですね。

団子に関しては、最初から激荒2袋開けてしまうと、割れやすい団子になってしまうので、状況に応じてアンコに出来るよう小出しにしたいと思います。

割れやすいと言えば、粗びきさなぎにオキアミクラッシュを混ぜるのではなくて、夏場に関して言えばアミエビを混ぜても良いかもですね。活性の低い時期にそうすると、割れない団子になってしまいますが、夏場ならアミエビやチヌパワーで固くしてもむしろちょうど良いと思います。もしくは、活性の高い時期は、粗びきさなぎは控えるかですね。

粗挽きさなぎを控えるならば、夏場はコーンの割合を増やすために、速戦爆寄せダンゴの代わりに、コーンダンゴチヌを使うのも良策かも知れませんね。



2.集中力、思考力の低下
→一人ならリラックスしてあれこれ試したり出来ていると思いますが、複数で筏に乗ると情報が上手く整理できずに、工夫も足らなかった。( ;´Д`)



一ヶ月も経つと筏の状況も変わってくるので、当日の状況を察知して臨機応変に対応するべきですね。

まだまだ修行が足りてないと、痛感しました。


道具などはそれなりに満足出来たので、微調整レベルでオッケーだと思います。

棚目印のマジックの色追加。前回釣行の目印が残っていると、紛らわしいので。

もう一つは、2リットルぐらいのスポーツジャグを買って来ようと思います。


今年の夏の筏釣行は、厳しい結果となってしまいましたが、秋以降出来れば回数を増やしてリベンジしたいと思います。

目指せ40オーバー&2桁釣果!!!






posted by initialf at 11:36 | Fishing(釣行記)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。