2016年07月13日

1日休みの強行筏釣り

2016年7月10日(日)、連休ではありませんが、筏釣りに行ってきました。

前々日高釣果で、前日は雨、当日は薄日で気温もあまり高くなく、小潮で満潮が午前九時半、チヌの釣果があったのは午前中のみで、午後からは珍しく潮の流れが速くなったりもして、ヘダイやアジが少し釣れた程度でした。

チヌは35cmまでを4枚で、小さいキビレ1枚とヘダイ多数。

当たりエサは、ボケ、カメジャコ、シラサ、オキアミコーン。特に反応が良かったのは、ボケ、カメジャコで、さなぎとコーンはほぼ反応がありませんでした。

今回のダンゴレシピは、以下の通りです。

しろまる … 1袋(5kg)
即戦爆寄せダンゴ … 1袋
チヌスパイス … 1袋
荒引きさなぎ(900g) … 1袋
オキアミクラッシュ … 2kg

激荒さなぎミンチは主にあんこで使用。
アケミ貝は、ほぼばら撒き専用。

荒引きさなぎを入れると、まとまりが悪くなるので、これまで避けてきましたが、オキアミクラッシュと共に混ぜ込めば割と違和感なく仕上がったので、今後は今回のダンゴレシピを主に使用していこうと思います。

特に今回は、朝一番でダンゴを数投してから、タックルをセットし、釣り始めたころにはすでに、ヘダイやチヌ系のダンゴあたりがありました。

当日の活性は悪くなかったとは思いますが、ダンゴワークが功を奏して、自分の筏の周りにチヌが寄ってきてくれたことは間違いなさそうです。

今回のタックルは、
・がまちぬアルティメイトスペックMH-BH-1.55とセイハコウ60SPのセット
・がまちぬアルティメイトスペック H-TM-1.75とセイハコウ60のセット
でした。

1.75は上向きリール対応ですが、今回から下向きのセイハコウ60と合わせて使いました。

下向きリールでも特に違和感なく使えますが、今回も大きいのをバラシてしまったので、リールを持つ手をしっかり拭くか、指かリールに滑り止めをつけるか何か対策をしないと、またやらかしてしまいそうですね。

ただ、使い勝手からすると、予備として以外は上向きリールを使う気がしないので、なんとか不意に大物がかかっても、人差し指を弾かれないようにしたいと思います。

それと、今回からヤイバの針も使ってみましたが、なかなかの好感触でしたね。

かなり刺さりやすい分、針先には注意しておかないと、ヘダイをばんばん掛けていたら、刺さりが悪くなって大物を逃したなんてことになりかねないですが、唇1枚でチヌがあがって来たことは今までなかったので、食いが渋い時期の何とか1枚って時には大活躍してくれそうです。

次回はお盆の釣行だと思いますが、リールは入れ替えたいですね。

ダンゴ釣り用を、アルティメイト1.55のセイハコウ60で中小型用とし、落とし込み用を、1.75の60SPで大型対応として、ダンゴで状況を確認しつつ、ここぞというときに落とし込みで大型狙い撃ちしていきたいと思います。

今回の釣行で、1日休みでも筏釣りに行けることが分かりましたので、シーズン中は何度かトライしていきたいと思います。

以上。




posted by initialf at 23:00 | Fishing(釣行記)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。