2014年10月31日

2014年度、なんと初チヌ

今年は何度釣りに行ったであろうか?

少なくとも筏に3回、堤防にもそれ以上。秋になってやっとチヌが釣れました。

去年は、堤防でもそこそこ釣れていたので、今年は本当に厳しいかった。

いつもお世話になっているフィッシングつむらさんで、数では自己記録の7枚、サイズも38cmが筆頭と大満足でした。

納竿間際最後の1投で、38cmが釣れ、雰囲気的にはまだまだいけそうだったので、粘れば数もサイズも記録更新があったと思いますが、良い時にやめておくのも余韻があって悪くないと思います。


次の課題としては、数釣りへの対応ですね。竿、リール、糸に関しては、使用感全く問題ありません。思えば、がまちぬ アルティメイトスペックを使い始めてから、初めての釣果になるのかな。1.55の下向きと1.75の上向きタイプを2本セットして使用していますが、両方で釣果をあげ、穂先は先調子と中調子で使い分けていますが、それでも違和感はないですね。現時点では、最強の組み合わせだと思います。

(課題その1)針
がまかつの針を使用していましたが、今一つ針掛りが良くなかったように思います。腕の問題もあると思いますが、次回は他のメーカーのものも、試したいです。

(課題その2)たも網
1000円ぐらいで買ったものを使っていましたが、網に針先や背びれが絡まりつくので、手返しがはっきり言って悪いです。黒鯛工房などの専用品にするべきだと思いました。

(課題その3)ビク
こちらも堤防と兼用のバッカンに収まるサイズのものを使用していますが、蓋をフックで止めるような造りになっているので手返しが悪いです。デカ過ぎやしないかと少し心配ではありますが、口が開いてる筏用のフラシって言うのかな?、あれをゲットしたいと思います。

(課題その4)椅子
こちらはすぐに購入はしないとは思いますが、一日中釣りをしていると、次の2〜3日が足腰が辛い、、、。竿に合わせて、デッキチェアと、クーラーの上にパッドを敷いた状態と使い分けていますが、高さが自分にあっていないのか、翌日以降パッキパキになってしまいます。椅子っ子がベストチョイスなのかも知れませんが、こちらはもう少し工夫の余地があるかも知れませんので、様子見したいと思います。


それにしても餌代と言い、道具と言い、筏釣りは費用がかさみますね。こだわらなければ、それなりに安く済ませられるのかも知れませんが、釣りは集中力の持続が最も大事だと思ってますので、快適性にはトコトンこだわりたいです。次の日の仕事に差し支えないように出来ることが理想です。

今後も課題を克服して、快適で結果を出せるよう、精進したいと思います!

img_0.jpg





posted by initialf at 08:09 | Fishing(釣行記)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。