2018年10月08日

ダンゴや刺し餌などの考察

久しぶりのホーム筏で、ダンゴや諸々の実験を行ってきたので、簡単にまとめておきます。


まずは、ダンゴについてですが、ヌカを煎ったのは良かったと思います。

煎るのには手間はかかりますが、握り終わった後の手のべたつきが少なく、手桶の水でさらっと落とせます。

ヌカ+小麦粉少々だと、10mぐらいなら問題なく着底はしますが、少し遅いので1〜2割ぐらいは、砂もしくは比重重視の集魚剤を足せば、バランスが良くなると感じました。

しばらくは、買い置きしている、砂やショップオリジナルのダンゴなどを、足して使っていきたいと思います。

魚粉とかムギの効果はよくわからなかったので、ちょい足ししていきながら、様子を見ようと思います。

あと、生のニンニクをスライスして、ダンゴに混ぜてみましたが、こちらの効果も良く分かりませんでした。

空気中では、それなりのにおいを発しているので、こちらも現場に持ち込み、ここぞというタイミングで、活性を上げられるか試してみたいと思います。

さなぎミンチの激荒じゃない方も、朝一番でチヌパワーにまぶして、ムギなどと一緒に底に巻いてみましたが、隣の筏に基本的には寄せ負けしていたので、こちらも特別な効果があるかどうかは分かりませんでした。

こちらは買い置きしている訳ではないので、次回は未使用にすると思います。



次に刺し餌についてですが、まずチヌにこれだに漬け込んで持ち込むのは、やめにします。

多少の効果はあるのかもしれませんが、手がヌルヌルになって手返しにも影響します。

面倒な割には、、、って感じですね。

生ミックに関しては、プラ容器に小分けにして現場に持ち込みましたが、かなり好感触でしたね。

ダンゴの中に包んでも良し、大きめにしてそのまま落とし込んでも良し、サナギやコーンを包み込んで落とし込むも良し、どれも少しタイミングを遅らせつつ、食い込みが良くなる気がしました。

生ミックに関しては、レギュラー確定ですね!

コーンに関しては、これまで冷凍コーン350g=98円を使っていましたが、デルモンテ ホールコーン380g=98円の方が粒がぷりぷりで美味しそうですし、常温パックで何かと使い勝手が良いので、こちらもレギュラー確定です!

業務スーパーで購入したグルタミン酸ナトリウムに関しては、効果のほどはまだ良く分からないものの、1回分の価格は手ごろだし、使用感が変わるわけではないので、引き続き検証していきたいと思いました。

肝心のさなぎに関しては、決定打がないものの、さなぎミンチに入っていた挿し餌用のサナギよりも、浜市さんのGサナギの方が若干フグからの反応は良かったと思います。

以前に釣果があったものも、その後撃沈続きで、結局どれがいいのか良く分からないので、まだまだ模索中ですね。

オキアミは、浜市さんのサシエサブロックタイプ1kgが、お値段的にも刺し餌に使うにもお気に入りです。

オキアミの量に関しては、多いのか少ないのかまだよくわかりません。

フカセの時には何も考えずに、3kgブロックを筏で1日使用するダンゴよりも、はるかに少ない集魚剤に混ぜて使っていましたが、この辺の違いがいまだによく理解できておりません。

筏だと基本的には1点集中で撒き餌するので、少なくても問題ないという事なんですかね。



以上をまとめると、次回釣行にかかる餌代は、こんな感じですかね。

ヌカを煎る ・・・ 電気代少々

何かしらのダンゴ ・・・ 次回は買い置きを使用(1回分の費用は200円程度?)

魚粉とか、ムギとか、ニンニクとか ・・・ 買い置きを使用(1回分の合計は100円程度?)

オキアミブロック1kg ・・・ 約600円


デルモンテ コーン 2個 ・・・ 約200円

Gサナギ ・・・ 買い置きが全然なくならないので値段を忘れました。1パック400円程度で数回分?

生ミック ・・・ 約500円で数回分?

ボイルオキアミ、Gグリル遠投オキアミ、磯エビなど ・・・ 買い置きを使用(オキアミブロックから使えば必要はないと思うが、いつも気休めでなくなったら補充)

業務スーパーグルタミン酸ナトリウム ・・・ 買い置きを使用(1回分の合計は30円程度?)

ボケ10匹 ・・・ 約500円


こうやって改めて費用を計算すると、ダンゴと刺し餌を合計して、ボケを10匹使ったとしても約2000円〜2500円ぐらいですかね。

冬場でオキアミやコーンの量を減らしたり、ボケなしでも釣果をあげられるようになれば、1000円ちょいぐらいで楽しめそうです。

やはりサナギを使いこなすことが、今後の課題になりそうですね。










posted by initialf at 21:54 | Fishing(つぶやき)

10月7日 フィッシングつむらさん

【釣行前】
釣行前から記事を書き始めて、お決まりの撃沈フラグをONしてから、釣行後の記事を付け足すスタイルで今回も望みます。


今回の事前準備としては、無料で戴いて来たヌカを煎る作業から始めました。

手間はかかりますが、生のままだとヘドロになるという記事をどこかで見かけたからです。

煎ったからといって変わらないかも知れませんが、少しでも環境の負荷が減ればと思います。

煎りヌカをドカットに満たして、小麦粉を約500g混ぜたものを今回は持ち込みます。

煎りヌカのうち半分は、業務スーパーで購入した魚粉を少しづつ混ぜながら煎ってみました。

見た目の仕上がりは、ただ火を通しただけのものとほとんど変わりません。

砂を全く混ぜていないのが少し不安なので、前回のあかまるの残りを別で持ち込みます。


もう一方のダンゴとして、朝一番に落とし込みで探った後に、さなぎミンチと業務スーパーで買ったムギをチヌパワーで締めて、撒いてみたいと思います。

臭いと足止め担当ですね。

その後は、濁り担当の煎りヌカに、コーンやオキアミを時折混ぜながら、使う予定です。

ベースの煎りヌカ以外は、現場で調合しながらの釣りになりますね。


刺し餌の方の準備に関しては、タッパーの中にチヌにこれだと、これまた業務スーパーで仕入れてきたグルタミン酸ナトリウムを混ぜたものに、冷凍サナギを漬け込んで持ち込みたいと思います。

現場では、状況によりコーンを漬け込んだり、生ミックを漬け込んだりしながら、使ってみたいですね。

これまでサナギでの実績は少ないですが、実際に使う機会も少なかったので、今回はボケ・カメジャコを持ち込まずに、サナギでの手数を増やしたいと思います。


竿も基本的には2本出しで、一つはダンゴ担当で濁りをキープして、もう一つはサナギ・コーンの落とし込み担当ですね。

これまでは、ダンゴで底のみを狙う釣りが主体だったので、そこにチヌが入ってくればいいのですが、近づいてはいるけれどなかなかダンゴにはあたって来ないチヌにも出会いたいです。

これまで落とし込みの釣りは、ボケ・カメジャコ頼りだったので、これでサナギ・コーンが活躍してくれれば、さらに餌代もセーブできますよね。


今回買い置きした分の初期投資はかかっていますが、最低限使う分だけの費用としては、かなり抑えられているはずです。

ヌカ・・・無料

煎るための電気代・・・数十円?

小麦粉約500g・・・約50円

チヌにこれだ・・・500円ぐらいの5分の1

味の素もどき・・・10円ぶんぐらい?

魚粉・・・30円分ぐらい?

コーン・・・約100円

冷凍さなぎ・・・約300円

これにオキアミブロックとか、さなぎミンチとか、チヌパワー少々とか、豪華にいっても2000円あればお釣りが来ますね。

今回試してみて、削れるものもあるでしょうから、最終的には1回の釣行で刺し餌込みで1000円に抑えることも可能な気はします。


もちろん釣れてくれるのは嬉しいけど、これでもし変わらないかむしろたくさん釣れたら、今までの釣りは何だったのかってなりますよね。

ネットの情報を頼りに、ひとりで試行錯誤していくのが楽しいので、勉強代と思えば全然納得は行くのですが、妄想が膨らみ過ぎて、すでに撃沈フラグが確定状態なので、とりあえず釣行前編はここまでにします。








【釣行後】
はい、釣行後ですが、予定通り撃沈でした。

珍しいゲストとしては、サンバソウがいました。


IMG_0497.jpg


矢口浦で釣れてのは、おそらく初めてです。台風の影響とかがあるのでしょうか。

それにしても小さいながら、ヤンチャな態度ですね。「はよ外せよ、コラッ」って言われている気がしました。



本命としては、ちゃいチヌ1枚で終了でした。しかも、写真に指が写っちゃってます。


IMG_0499.jpg


こちらは、「あちゃ〜、見つかっちゃった」みたいな感じで、やっぱりカワイイです。



他の人たちも、サイズはまあまあでしたが、1匹ずつでしたので、やはりチヌの活性はあまり高くなかったと思います。


ダンゴに関しては、中層で突かれながらも着底はしますが、やはりかなり遅いですね。

1〜2割砂を混ぜると、良い感じになるかと思いました。


刺し餌の方は、チヌにこれだに漬け込もうが、釣果には影響ない気がしました。むしろ、ベタベタしてセイハコウSPを握るときには滑って使いづらかったですね。

残り汁をダンゴに混ぜたときは、ボラの活性があがり、喉の外側に針掛かりさせてしまいましたので、集魚効果はあるのだと思います。

サナギは結局、フグぐらいしか釣れなかったので、ボケ・カメジャコの代わりになるかどうか分かりませんが、コーンもそうですがもっと刺し方を工夫しないと、チヌにはたどり着けない気がするので、ネットで勉強し直します。

今回得られたものは、これぐらいだと思います。


次はもっとダンゴと刺し餌をシンプルにしつつ、手に入るならばボケ・カメジャコも10匹ぐらいならは持ち込もうかなと考えています。

久しぶりの矢口浦で結果を残せなかったのは残念ですが、ポイントカードも満タンになったので、良い日を選んでのんびり釣行を楽しみたいと思います。







posted by initialf at 14:52 | Fishing(釣行記)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。