2017年08月20日

43cmを含むマチヌ5匹

8月19日(月) 曇り 中潮 干潮9:48 満潮16:47 

夏休み2回目の筏釣りに行って来ました。

ゴンズイがたくさんいるのは分かっていたので、サナギとコーンで粘るつもりでしたが、全く不発でした。

結局当たりエサは、カメジャコとくわせ丸エビのみでした。

ボケとカメジャコは、半々持って行きましたが、この時期はカメジャコのみの方が良いですね。

丸エビに関しては、今までは不発でしたが、活性の高い時期は使えそうです。

夏は丸エビ、秋はシラサエビ、その他のシーズンはオキアミが使いやすいのかなと思います。

今回はボイルのオキアミブロックを使いましたが、ゴンズイの猛攻が嫌になって来て、やけくそで混ぜで使ったら、いきなりチヌに変わりました。

良型を仕留めたカメジャコの落とし込みもそうでしたが、ゴンズイの上にチヌが浮いていて、混ぜのボイルオキアミやカメジャコを底まで追って来たときに釣れたような気がします。

だったら宙切りすれば良かったのかもしれませんが、そのままだとコッパグレやアジにやられるので、難しいところですよね。

ホーム筏では、朝9時までに1匹釣らないと、一日中厳しいというジンクスがありますが、今回は初めに釣れたのは、11時を過ぎていました。

一日中ゴンズイが釣れる中で、ボラの気配もほとんどなかったですが、チヌが釣れたのは何かしら変化を作った時でした。

近くにチヌはいたんでしょうけど、なかなか口を使ってくれなかった状態で、なんとかボツボツ拾った感じでしたね。

釣果写真を見ると、まずまずだったように見えなくもないですが、実際はチヌの気配を感じていたわけではなく、変化を付けたときになぜか、ゴンズイが急にチヌに変わったような感覚でした。

この辺りが、まだまだ修行が足らないところなんでしょうね。

とは言え、厳しい中、待望の40cmオーバーが釣れたのは、良しとしましょう!
(チヌの40cm台は、おそらく年なしと同じ2匹目ですね。意外と釣れないんですよね〜。)



image-20e96.jpeg







posted by initialf at 22:45 | Fishing(釣行記)

2017年08月18日

筏かかり釣り 仕掛け考察【更新】

竿やリールや道具類は、ある程度お気に入りアイテムが決まってきました。
今後は、針などの仕掛け類も、色々と試していきたいと思っています。
こちらの記事も、使い続けながら印象が変わったりしていくと思いますので、更新していく記事にしようと思います。

使用しているフィールドは、潮の緩やかな、10m未満の浅い筏です。

最近、食い渋りが多いと感じていますので、何とかして違和感なく食い込ませたいと考えています。


【針編】
1.金龍鉤 勝負ちぬ筏かかり釣り専用&勝負ちぬ
筏かかり釣り専用とそうでないのと違いがあるのか、いつも疑問に思ってしまいますが、どちらも万能かつ安定した使い心地だと思います。

糸も結びやすいですし、バランスの取れたとても良い針だと思います。

とりあえず、一番最後に釣れた年なしは、この針でした。

自分との相性がいいと感じていますので、全体的に好印象ですね。


2.オーナーばり OHボケ専用(ヒネリなし)
これの3号、4号を使うエサのサイズに合わせて使います。

ボケ専用とありますが、当然カメジャコにもピッタリで、尻尾からさしてなるべく胴まで刺さるようにしています。

カメジャコなど少し大きい場合は、十分に待って抑え込んでから、合わせる方が針掛かりが良くなると思います。

ただ、近くの釣具屋さんでは手に入らないので、最近ではカメジャコの時でも、他の針の4号を使う事が多くなってきました。


3.YAIBA-X.ヤイバチヌヒネリなし
3号だとボケやカメジャコには、少し使いにくいので、オキアミ、コーン、サナギなどの時によく使います。

刺さりが良いので、チヌにとっては危険ですよね。


ヤイバシリーズはチヌ用の針がたくさんあるので、今後はこの中から色々と試していきたいと思います。

ただし、チヌ極細に関しては、使い物になりませんでした。

何がかかったかわかりませんが、1回合わせただけでグニャっとなりました。

飲ませて喉の奥にかけるのは良いのでしょうけど、口の周りにかけるのにはさすがに細すぎましたね。

結局のところは、オーソドックスなヤイバチヌが一番良いのかも知れませんね。


4.がまかつ あわせちゃダメジナ
がまかつ製の針もたくさん持っていますが、なかなか食い込まないとか、寝不足で自分の反応が鈍い時など、向こう合わせで掛けたいときには使用します。

尾長グレ用ですが、チヌ釣りにも十分使えますよ。

また、一刀チヌもいい感じで使えました。

使い勝手は、ヤイバチヌみたいな感じですね。


【糸編】
1.サンライン トルネードちぬスペシャル筏
製品紹介にしなやかと書いてあるのと、2.25号というマニアックな設定もあったので、1.75号、2号、2.25号 2.5号、3号と買い揃えました。

値段設定は少し高めですが、その分使いやすい気もします。

ただし、他のラインとの大きな違いは無いような気もしますので、出来ればリールのサイズに合った80m〜100mを巻ける他の物を物色中です。



【おもり編】
1.ヤマワ産業 ゴム張オモリ&ゴム張ガン玉

現在使用するとしたら、ゴム張オモリ0.5号、0.8号、ゴム張ガン玉B、3B、5Bぐらいです。

一番使用しているのは、0.5号か3Bが多いですかね。

棚取りの時とか、活性が上がって来て、勝負を早くしたいときに使います。

ホーム筏は潮が緩く、10mもない浅場なので、ノーシーンカーも良く使用します。

良く取り外すので、ゴム張シリーズは重宝しています。

閉じた状態で糸をねじ込まなくても、爪でパカっと開けば、簡単におもりの取り外しができるので、糸も傷つけないですしいいですよね。



以上は、あくまでも個人的な感想です。

フィールドが違えば、当然印象も違ってきますし、使用した時の釣果などにも、印象が左右されていると思いますので、あくまで参考程度でお願いします。







posted by initialf at 22:22 | Fishing(道具)

2017年08月16日

小さめ5枚

8月14日(月) 曇り時々晴れ 小潮 満潮9:55 干潮16:45

連休2日目にいつものホーム筏に、前の会社の先輩と行ってきました。

先輩と行くのは2〜3年ぶりですかね。筏釣りに関しても先輩なので、色々と教わるつもりで一日中楽しめました。

最後に載せてある釣果写真は2人分ですが、一番大きいのは先輩が釣ったキビレです。

僕の分はチヌが4枚とキビレが1枚ですね。

小さいハタはたくさん釣れましたが、スカリキープしたのはほんの一部です。

その他も一通り釣った気がしますが、ひどいのはゴンズイですね。

アタったのに竿を押さえ込まないのは、まずゴンズイがかかっていると考えて間違いなかったです。

一日中アタリがあったので楽しめたのは良かったですが、チヌのサイズアップが出来なかったのはコーンやサナギをあまり使わなかったのが原因ですかね。

いつもよりは団子に混ぜて使いましたが、カメジャコを多めに持って行ったせいで、さし餌として使う回数が減ってしまいました。

今回は珍しくシラサエビも持って行きましたが、無くても良かった気がしますね。

先輩が持ち帰った魚を捌いてくれた結果、小さい魚の胃にはコーンと麦がたくさん入っていたみたいですが、大きい個体にはほとんど入ってなかったそうです。

次回夏場に行くとしたら、激荒2枚以上、コーンも2袋以上持って行こうと思います。

チヌボーズは減りましたが、生き餌に頼りすぎているのが、良型を仕留め切れていない要因にもなっている気がしますね。


その他、あまり修正点はありませんが、竿をローテーションして行こうかなと思います。

ゼロサムゴリマキを買ってからお気に入りで使っていますが、使い勝手はかなり良いものの、合わせが今一つ決まってない気もします。

次回はアルティメイトスペックに戻してみて、もう一度違いを実感して、上手く使い分けをしていきたいですね。


本当に一日中楽しめましたので、これ以上は特に何もないのですが、出来れば先輩にも年なしとか釣ってもらいたいですね〜。

昼頃に大きいチヌっぽいあたりがあったので、ひょっとしてと思いましたが、残念ながらバラされてました。

あれが釣れていれば、少なくとも40オーバーはあったと思いますので、次に期待ですね。

自分が釣っても良いですけれど、上がってくるところを見るのも楽しみなんですよね〜。

竿を大きく曲げながら、見えてきた魚体がチヌだった時の、あのなんとも言えない感動と緊張がたまらないです。

自分で釣っていると、楽しむ余裕は全くないですもんね〜。

楽しむ余裕が出来るまで、たくさん釣らないとですね。


次はどうしようかな〜。

このまま暇だったら、今週の土曜日にリベンジするかも?!



image.jpeg







posted by initialf at 01:44 | Fishing(釣行記)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。