2017年03月31日

春はまだか…

3月30日、いつものホーム筏に行って来ました。

結果は、ヘダイ1枚とカレイ1枚とで、撃沈でした。

カレイに関しては、実はヒラメかも知れませんが、小さかったのであまり気にしていませんでした。

ただ、前回よりも、団子も突かれるし、エサ取りも少しはいるし、一日中楽しめました。

チヌが釣れなかったのは残念ですが、これから少しづつ上向いて来るでしょうし、機会があればGW前にでも、もう一度行きたいですね。

ゼロサムゴリマキも、かなり使い易かったですし、その他の道具類も特に改善点は見当たらなかったですね。

強いて言うなら、刺しエサが少し多かったですかね。

ボケとカメジャコは、合わせて40匹あれば十分だと思います。

どちらかと言うと、この時期はボケよりも、カメジャコの方が反応が良いのかもしれません。

大きさなのか、動きなのか、匂いなのか、違いが良くわかりませんが、ヘダイもカメジャコに反応しましたし、胴体を吸われてるのはボケの方ですが、アタリが出たのはカメジャコの方が良かった気がします。

ちなみに、カレイorヒラメに関しては、夕方にボケのダブルに居食いしていました。

カレイにしろヒラメにしろ、釣れたのは初めてですが、本当にたまたまって感じでした。

小さい割には、妙に口が大きく開いていたような気がするので、可能性としてはヒラメだったのかも知れませんね。

それにしてもヒラメってボケを食べたりするのかな、、、?

写真位取っておけよと、毎回思いますが、スミマセン。

ボケとカメの配分に関しては、ボケ20匹、カメジャコ20匹ぐらいがベストかも知れませんね。

また、オキアミの小さいブロックは、この時期は使わなくても良さげですね。

反応を見る限り、団子に混ぜると底に溜まってしまう気がするので、刺しエサだけに使った方が、釣果が上がるような気がしました。

水温に関しては、現地で測った訳ではありませんが、早田定置網漁場の水温データで確認する限り、30日は概ね15度と、前日までの16度から低下して、さらに翌日の4月1日は、16度に戻っているので、場所的なずれはあるにしろ、天気は良かったものの水温的には厳しい日に当たっていたと思います。

そろそろ水温が、16度以上で安定してほしい所ですね。

釣果も見つつですが、何とか遅くてもGWまでには、今年の一匹が欲しいです。

ダンゴも今回は、約9kg持っていって、夕方の4時ごろにダンゴを切りました。

この時期は、まだダンゴに慣れていないのか、ボラ以外にダンゴに反応はなかったので、夕方の3時にはダンゴを切って、落とし込みのみで勝負した方が、良いかもしれません。

それとモーニングも、もう少し粘っても良いかもしれませんので、ダンゴも8kgぐらいあれば、十分なのかもしれません。

一般的には、箱ダンゴ+袋で、倍ぐらい使っているのでしょうが、ダンゴの量だけは、今のところ増やす気にはなれませんね。

手返しを多くするというよりは、別打ちだけで半分ぐらい消費するのでしょうか、、、。

たまにドカッと撒くと、反応は変わったりしますが、今回お昼過ぎにそれをやったら、それまでにわずかにいたボラが、全くいなくなりましたもんね。

水深や、普段からの撒き餌の量など、釣り場によりけりなんでしょうかね。

今回のヘダイが釣れた時間帯は、確か午前7時ぐらいだったと思いますので、やはり満潮付近でしたね。

ヘダイの活性が上がるタイミングに関しては、どーでもいいのですが、釣っている時間に満潮が来る日を選んだ方が、特に一匹釣れるかどうかの時期には、大事かもしれませんね。


今回はこんなところです。








posted by initialf at 14:15 | Fishing(釣行記)

2017年03月13日

2017年初釣り【まとめ】

3月12日(日)大潮、晴れ。


日中風もほとんどなく、釣り人にとってはとても釣りやすい1日でした。


海の中はというと、春本番とはいかずに厳しい釣果でしたが、一日中楽しめました。


まずは、同行者が朝一のモーニングで、32cmのキビレを仕留めました。


6時12分ごろが満潮なので、釣れたのが6時30分ごろだとすると、満潮少し過ぎ位ですね。


今回は何とか竿を落とさなかったようです。


でも、またもや尻手ロープを付けずに釣りを開始していたようで、ほんとに懲りない人です。


こっちは、前日までに竿に糸を通してまで準備しているのに、必ず僕より早くタックルをセットします。


モーニングなんかで釣ってしまったら、そこが一日のピークになってしまいそうで、個人的には好きではないのですが、結果的にチヌ系としては、やはり貴重な一尾となってしまいました。


とは言え今回は、レンタルしたクッション効果か、筏上でドタバタせずに釣りをしてくれたので、快適ではありました。


さりとて、そのキビレを活かすためのスカリが、筏仕様ではなかったため、後々夕方のヘダイラッシュの際には、手返しがガタ落ちするので、5匹以上リリースしましたかね。


ホームページ上は、ヘダイ28cmまで7枚となっていますが、実際は二人分の釣果としては、30cmオーバーを含めて12枚ぐらいはいっていたと思います。


その辺りは今後の課題として、プレゼントしたブラックジャック イカダ メタルチューンも、ヘダイラッシュの際には活躍してもらっていたようなので、今回は良しとしましょう。



と、ここからは自分の反省用まとめです。


まずは、同行者がいたおかげか、エース筏の3番筏をゲットできました。


結果的には、1番筏で長竿で釣りをしていた方に釣果は負けてしまいましたが、ヘダイラッシュもなかなか楽しめただけに、良かったと思います。


竿に関しては、今回初導入の「ZEROSUM GORIMAKI PE-V[ゼロサムごりまきPE-V]1.65m」が、PEを巻いたチヌマチック1001SPと組み合わせて使ったにも関わらず、かなりの使いやすい手ごたえを得ました。


30cm以下のヘダイ相手ですが、アタリも取りやすく、やり取りもしやすく、疲れにくいので、次回はぜひセイハコウ60SPと組み合わせて、エース竿として使ってみたいです。


それがしっくりくるようでしたら、これまでエースとして年なしもゲットしてきた、アルティメイトスペック MH-1.55BHには、セイハコウ60との組み合わせで中小型用(実質予備竿)としたいと思います。


また、PEの使用感については、継ぎ目がガイドを通らない状態だったため、少し使いづらかったのと、特に釣果アップするほど、劇的な効果があったわけではないので、微妙な感じですね。


ただ、フロロでは圧倒的に使いづらかったチヌマチックが、PEだとほぼトラブルにならなかったので、その点ではよかったと思います。


今回の刺し餌に関しては、ボケ40匹とオキアミ少々で、ちょうど良かったと思います。


ダンゴに関しては、即戦爆寄せダンゴ+TRIALの撒き餌3点セット(合計約8.5kg)で、量に関してはちょうど良かったと思います。


ただ、硬さに関しては若干割れやすかったので、夏場など盛期には少し工夫が必要だと感じました。


今回から、餌の種類も金額も控えるようにしてみましたが、概ねいい感じで、釣果にマイナスの影響があったとは感じていません。


道具類に関しては、次回からの課題は、ZEROSUM GORIMAKIを下向きリールで使ってみたい以外にはないですかね。


手洗い用のバッカンの置く位置を調整するか、背の高いものに変えるか、少し改良できるのなら考えてみたいですが、、、。


釣り方に関しては、今回は15時にダンゴを切ってしまって、その後は全て落とし込みで釣りました。


その効果があったのか、17時前ぐらいからヘダイラッシュとなりました。


夕方の地合いとしては、18時9分ごろが満潮なので、満潮の一時間半くらい前ですね。


ダンゴがないとチヌは釣れないと思いますが、場合によってはどんどん落ちてくるダンゴを警戒して、それが収まったころに魚の捕食スイッチが入ることもあるのかもしれませんね。


とりあえず今回は、2017年の初チヌとはいきませんでしたが、まずまず楽しめたので良かったです。


今回は以上です。







posted by initialf at 23:55 | Fishing(釣行記)

2017年03月08日

2017年初釣り

3月12日(日)、いつものホーム筏に、予約入れました。


ポカポカ陽気が続いていたら、新規開拓チャレンジもあったかも知れませんが、少し寒気が入って風も強いので、結局慣れた環境が一番という事で、つむらさんに決めました。


他店の釣果もチェックはしていますが、自分で場所を決めるとなると、結局毎回同じになってしまいますね。


先週末は、有名な団体さんが来ていたみたいなので、しっかり釣られてましたが、今週末はどうでしょうかね。


何とか予約は取れましたが、有名なブロガーさんなので、お客さんが増えているかもですね。


上回る釣果を出せるとは思っていませんが、何とかチヌを1匹釣ることを目標にしたいと思います。


お客さんが増えていたら、あえての4番筏に乗せてもらうのも手かも知れませんね。


3番とカセは個人的な実績がありますが、1番・2番はダンゴを多めに撒かないといけないような気がするので、少し苦手です。


広角や落とし込みも楽しみたいなら、3番・4番とカセ方面が良い気がします。


問題は、この時期に4番で釣れなかったとして、場所の問題か時期の問題か、腕の問題はあるにしても判断が難しいところです。


どちらにしても、3番かカセが空いている時は、そちらに乗せてもらえばいいわけで、大きな問題ではありませんが、、、。


自分はチヌのイメージが出来ているので良いのですが、今回のゲストはしばらくチヌの顔を見ていないと思いますので、どうにか1匹釣ってもらいたいですね。


今回竿もプレゼントする予定なので、そちらにも入魂してもらいたいものです。


頼むから竿落とさないでね、、、。


個人的には、ニューロッドとPEの使い勝手がどうなのか、楽しみにしています。






posted by initialf at 23:49 | Fishing(つぶやき)

2017年03月01日

春に釣りたい

自分でまとめた筏の釣行記録によると、未だに春の時期はチヌを釣っていません。


何度か筏には釣りに行ってはいるはずですが、水温が低い時期は苦手なのか、釣行回数が足らないのか、早くて5月、通常なら夏、遅いと秋にならないと、チヌを釣り上げていません。


去年はなんだかんだで、秋に年なしを釣っているので、自分なりに満足はしているのですが、結局釣れたのは、5月に1枚、7月に4枚、10月に年なし1枚、と春以外も大して釣ってないですね、、、。


春は忙しいのもありますが、気分的にも早めに1匹を釣り上げておきたいものです。


そろそろ準備を始めて、天気が良ければ日曜日に強行しましょうかね。


最短だと12日ですね。


いつものホームにするか、新規開拓するか、乗っ込みのシーズンは迷いますね。


とりあえず、目星を付けている所と、ホームと去年の3月の実績を比べてみると、ホームの方がチヌが良く上がっていました。


ただ今年は、湾内よりも外海系の方が実績が高いようで、悩ましいです。


釣り友を誘うのであれば、波静かな湾内の方が良いので、ホームで決定、一人ならば天気次第では新規開拓もありかなと思っています。


まずは、12日の天気次第ですよね。






posted by initialf at 23:33 | Fishing(つぶやき)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。